###########################################################
ほんとにあった! 呪いのビデオ
Part2
###########################################################

No.1
「作業服の男」

!! 警告付 !!

 恐怖度:★★★
不気味度:★★★★★
 衝撃度:★★★★
 解像度:★★★

■ 現象 ■
見た者すべてに災いが降りかかる呪いのビデオ。旅行に行ったあるカップルが電車内で撮影したビデオに作業服の男の霊が映っていた・・・。その映像を撮影した投稿者の恋人は失踪、ビデオを見た者は次々と危険な目に・・・。


■ 解説 ■
 今回のメイン作品となる、いわゆる見たら呪われますよな"曰く付き"の一本。肝心の映像は電車に乗るカップルを、いないハズの作業服の男が窓ガラスからこちらを覗いているもの。映像だけなら特に怖みはない。
ただ、この映像は「見たらかなり高い確率で霊障が起きる」と言われており、この回では「このビデオを見て目が悪くなっただの事故っただの行方不明になっただの」と長々と説明。散々こちらの恐怖感や不安感を煽っておいて、映像は最後に持ってくるという手法を使っている。
冗談抜きで、実際これを見て変な影響が出てる人も多いようなので、気をつけた方がいいかもしれない。俺は何もないけど。


-----------------------------------------------------------


No.2
「窓の外を落下する光」

 恐怖度:★★
不気味度:★★★
 衝撃度:★★★
 解像度:★★

■ 現象 ■
修学旅行で泊まった旅館で談笑している女子高生。その窓の外を光の輪のようなものが落下していく。その旅館ではかつて飛び降り自殺があったという・・・。

■ 解説 ■
 女子学生が手を叩いたのが合図かのように、窓から落下していく光。
「自殺した少女の霊に見えないだろうか」と言われてもどう頑張っても見えません。個人的に光の落下だけじゃそんなに怖くないけど、手を叩いた後に落ちるっていうタイミングが良かったかなと思う。
Ver.Xで再び引っ張るもそっちのは特に生産性も面白みもなく腹が立つだけなので無かったことにしましょう。


-----------------------------------------------------------


No.3
「サイドミラーに映る女の顔」

 恐怖度:★★
不気味度:★★
 衝撃度:
 解像度:

■ 現象 ■
ビデオカメラを購入した投稿者が試し撮りがてら車の中でビデオをまわしていた。そのミラーに苦悩に歪む女の顔が・・・。

■ 解説 ■
顔の下半分らしき白影が映る、らしいが不鮮明過ぎて何が何だかサッパリ。少なくとも人の顔には見えん。

-----------------------------------------------------------


No.4
「自主映画に映った男の影」

 恐怖度:★★★
不気味度:★★★
 衝撃度:★★
 解像度:★★★

■ 現象 ■
青春ものの自主映画を撮影していた投稿者。ライトの前には役者しかいないはずなのに何者かの影が映りこんでいる・・・。

■ 解説 ■
階段り踊り場ら明らかに大きめの黒い影。形が鮮明なのでそれなりに怖味がある。リテイクした2回目には上の階へ見張りをつけ、異常は無いと確認して撮影したが何故かもう1度写ってしまう。やっぱり何かいるんだろうか?

-----------------------------------------------------------


No.5
「神社の木に浮かぶ顔」

 恐怖度:★★
不気味度:★★
 衝撃度:
 解像度:★★

■ 現象 ■
犬の散歩の途中で立ち寄った神社。その敷地に植えられている木をよく見ると・・・。

■ 解説 ■
木の中に女の顔らしきもの。作りも小粒作品過ぎてなんかなぁ。リプレイすら無し

-----------------------------------------------------------


No.6
「壁から覗く白い影」

 恐怖度:
不気味度:★★★
 衝撃度:★★
 解像度:★★

■ 現象 ■
何気なく友人達の姿を撮影していたビデオ。背後の建物の壁に白く浮かぶ霊が・・・。

■ 解説 ■
建物の隙間にいる白い人影。前作「大学公舎」が良過ぎたためか相対的に怖さはない。


-----------------------------------------------------------


No.7
「踏み切りに現れた足」

 恐怖度:★★★
不気味度:★★★★
 衝撃度:★★★
 解像度:★★★★

■ 現象 ■
7年間で6件もの飛び込み自殺があり、地元でも有名な踏切り。その踏切りに設置された監視カメラに足だけが歩いている奇妙な映像が・・・。

■ 解説 ■
他の心霊番組にも何回か取り上げられた事のある、それなりに有名な映像。事故が多発すると言われる踏切の映像を捉えたカメラ。事象は電車が通過する直前に、人の足だけが歩いてくる。怖味もあるし鮮明だが、、ちょっと引っ張りすぎじゃないかとも思える。悪くは無い


-----------------------------------------------------------


No.8
「事故を予知した警告の映像か・・・」

 恐怖度:
不気味度:
 衝撃度:
 解像度:

■ 現象 ■
川原でバーベキューを楽しんでいた投稿者。参加者の1人の右足の膝から下が消えてしまっている。その後、その人物はバイク事故を起こし右足を骨折してしまった・・・。

■ 解説 ■
いやいやいや、投稿者は否定してるけど草で足が隠れただけでしょう。どう見ても。


-----------------------------------------------------------


No.9
「子供を呼ぶ声」

 恐怖度:★★★
不気味度:★★★
 衝撃度:★★★★
 解像度:★★

■ 現象 ■
仲睦まじい幼い子供と妻をビデオで撮影していた投稿者。突然、背後で「あけみちゃん」という女性の声がする。そこには誰も居なかったのだが・・・。

■ 解説 ■
二段オチ。まず「あけみちゃん」と謎の声。撮影者も声がした方向にある藪へとカメラを向ける。更にその後映像を解析、声がした方向にカメラをズームさせると、遠くに明らかな女の顔! やり方が汚いなあ(褒め言葉)。



-----------------------------------------------------------


総評:★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

最後の最後まで引っ張る「作業服の男」が逸品。
現象自体はさほど怖くない。
電車で知らないオッサンが乗ってるだけだ。
だが、この映像の味付けとしての検証が、今作のメインとも言っていい。
長ったらしい検証ではあるが、視聴者に良い具合の疑心と、恐怖のスパイスを絶妙に与えてくれる。
この手法はここから先も、各巻のメイン作品にしばしば使われる手ではあるが、今回は最初として本当に丁寧な作りになっている。
そのお陰か、何度も何度も検証でこのビデオを見たら事故に合う〜的な事を繰り返していたため催眠効果でもあるのか、はたまた本当に呪われているのか、とにかく「曰くつき」なので気をつけられたし。
しかしメイン以外の作品の完成度にはムラが多い。
この頃は「捨て作品」が多いのがかなり気になる所だ。

          

inserted by FC2 system